夜のストレンジャーズ

  • 「新世界												」

2024/7/24 (wed) release

11th Album

新世界

    • CD

    RCSP-0146

    定価¥2,750(税抜定価¥2,500)

<収録曲>
01.平日
02. 平民
03. フリーソウル
04. 魂列車
05. 踊ろよBaby
06. 小さな恋人(新世界ver.
07. ファミリアに乗って
08. 新世界
09. グローリーオブマイライフ
10. オーボーイズ
11. アディオスアミーゴ
12. ええじゃないか
13. コナン

press release

夜のストレンジャーズが待望の4年振りとなる11枚目のフルアルバムをリリースする。

1998年に結成され、以来四半世紀に渡りロックンロールを続けてきた夜のストレンジャーズ、通称・夜スト。日本のロックンロールシーン至宝の年輪と燃え滾る衝動が奇跡的に融合した、誰にも真似できないアルバムが完成した。
近年オーバーダビング一切なしのリアリティーを重視したアルバムが続いていたが、今作は心機一転。オーバーダビングに加え、アコースティックギターやパーカッション、初期作品以来のMABO(柳家睦&THE RATBONES、ex.MABO&THE 88’s)がピアノ・オルガンで参加!

 オルガンが響き力強いM-1「平日」から幕を開ける今作は全13曲収録され、入魂という言葉が実に相応しい内容に仕上がっている。M-2「平民」は夜ストならではの故デュアン・エディが乗り移ったかの如きロカビリーテイストのギターと疾走するサウンドに乗せて魂のメッセージが炸裂しており、2024年という時代に間違いなく必要とされている楽曲。M-3「フリーソウル」ではドラマー・テツオがボンゴを披露。魂の叫びが炸裂する。M-4「魂列車」は夜スト得意のロードムービー風ナンバー。リスナーを決して平坦ではないがかすかな希望を灯す何処か遠い町へ旅に連れていってくれる。M-5「踊ろよBaby」はホンキートンクなピアノが心地よい。M-7「ファミリアに乗って」はダブ調の刹那的な楽曲。タイトル曲M-8「新世界」は切なくも力強く、渾身という言葉が実に相応しい楽曲。M-10「オーボーイズ」はロックステディ調のナンバー。M-13「コナン」では総勢25名による大合唱でアルバムを締めくくる。兎に角全曲素晴らしい。

 今作の充実振りに御託を並べるのはあまりにも陳腐である。全13曲、サウンド面でも過去最高の出来になっているのは間違いない。心して聴くべし。

  • 「フリーバード												」

2020/5/13 (wed) release

10th Album

フリーバード

    • CD

    RCSP-0103

    定価¥2,420(税抜定価¥2,200)

<収録曲>
01.国境線
02.ウヰスキーインザジャー
03.ランブリンマン
04.ハッピーホリデイ
05.しょがないねロック
06.BOOM BOOM
07.ビッグブラザーブルース
08.多摩川の午後
09.あなたの声
10.スマイル
11.NO.9トレイン
12.フリーバード

press release

夜のストレンジャーズ、約2年振り10枚目のニューアルバムがリリースされる。
1998年に結成され、以来21年以上に渡りロックンロールを続けてきた夜のストレンジャーズ。記念すべき10枚目の今作は新ベーシスト、荒川力(キリ)加入後初の作品である。オーバーダビング一切なし、炎の一発録り、魂を帯びた歌詞が突き刺さる。夜ストの長いキャリアの中での特筆すべき作品に仕上がっている。

まずM-1「国境線」が凄い。完全に1曲目で心を鷲掴みにされる。ジョーストラマーは18年前に鬼籍に入ったが、我々には夜ストがいる。哀愁と激情が入り混じった非常に力強いナンバー。M-5「しょがないねロック」のユーモアとアイロニーの絶妙のブレンド具合も夜ストならではの世界観である。ジョンリーフッカーの名曲「BOOM BOOM」のカバーは夜ストがブルースの伝道師である事の証明とも云うべき荒々しい仕上がりになっている。M-8「多摩川の午後」はこれぞ夜スト流スィートソウルともいうべき切なくも軽快なナンバー。そしてM-9「あなたの声」、魂の叫び、という言葉がこれ程相応しい曲もなかなか存在しないのではなかろうか。胸を締め付けれれるようなヒリヒりとした感情がいつまでも消えない、そういう名曲である。ラストを飾るタイトル曲「フリーバード」は自由という概念に正面から切り込んだ感動的なロックンロールナンバーとなっている。

夜ストこそ最も重要なロックンロールバンドである、という事を教えてくれる作品となっている。

  • 「いつか晴れた日に												」

2017/6/21 (wed) release

9th Album

いつか晴れた日に

    • CD

    RCSP-0079

    定価¥2,420(税抜定価¥2,200)

<収録曲>
01.ハローポニーボーイ
02.BOOGIE WALK
03.黄金の馬
04.流れ星
05.SIX TO SIX
06.ウォーキンブルース
07.LADY BIRD
08.青空
09.ナンシーウヰスキー
10.ベイスメントフラッシュz
11.ロックンロールギター
12.いつか晴れた日に

press release

夜スト、約3年半振り、通算9枚目となる待望のNew Albumをリリース!激動の時代の中、夜のストレンジャーズはロックンロール、ブルース等ルーツミュージックをベースにした魂の音楽をいつ何時でも鳴らしてくれる唯一無二のバンドであり、いつの時代でも永遠の輝きを持った作品を作り上げてシーンに帰って来た。イカしたビートとソウルフルなボーカルは天下一品!全12曲珠玉の名曲を取り揃えた名アルバムの登場です。

全国各地でライヴを常に繰り広げ、ゴールの無いマラソンの如き魂の旅を続ける夜ストが3年半のブランクを経て作り上げた今作は1曲目から夜ストの素晴らしさが全開となっております。M-1「ハローポニーボーイ」は小粋なビートに夜ストならではの吟遊詩人の如き詩心溢れる世界観を歌う素晴らしきロックンロールナンバー。M-2「BOOGIE WALK」はジョンリーフッカー流ブギが炸裂し、M-3「黄金の馬」は時代の観察者としての視点が秀逸であり、M-5「SIX TO SIX」はブルージーなビートに載せてウィットに富んだ世界観を歌うゴキゲンなナンバー。M-7「レディーバード」は夜スト3thアルバム「Still Crazy」収録の「Lady Bird」のセルフカバーであり、ベースのマキ子がリードボーカルを取るジャジーなナンバーであり、楽曲の素晴らしさに新たな息吹を与えている。スコットランド民謡を独自の解釈で表現したM-9「ナンシーウヰスキー」はホロ苦い風味が身に染みるように伝わり、センチメンタルでありながらエモーショナルなアルバムタイトルナンバーで大団円を迎える。喜怒哀楽が全て詰まった映画のような、夜スト節としか形容できない作品であります。

  • 「BACK TO THE ROCK’n’ROLL WORLD												」

2013/11/6 (wed) release

8th Album

BACK TO THE ROCK’n’ROLL WORLD

    • CD

    RCSP-0043

    定価¥2,420(税抜定価¥2,200)

<収録曲>
01. BACK TO THE ROCK’n’ROLL WORLD
※tvk「Mutoma」11月オープニングエンディングテーマ02. 遠い帰り道
03. HOLE IN MY HEART
04. コンバースロック
05. あの夏のワルツ
06. WET FINGERS
07. NEW DAYS
08. ウィークエンドシャッフル
09. アクション
10. 愛する貴方の夢
11. 陽の当たる場所
12. I LOVE ROCK’N’ROLL

press release

夜スト、約1年3カ月振り、通算8枚目のNew Albumが登場する。タイトルが物語る通り、スバリ「ロックンロールの夜スト」が戻ってきた!これぞ夜スト!全12曲、泣ける歌詞と小粋なビート、ハードボイルドな魂、これぞ夜スト節!珠玉の全12曲を収録した時代を超えたエバーグリーンなロックンロールクラシックの名盤仲間入りマストの作品。

前作「ホームタウンボーイ」よりベースのマキ子が加入し、新体制となった夜のストレンジャーズ、前作はソウルに傾倒した要素が多かったが、今作はロックンロールに原点回帰したゴキゲンな夜スト節が500%楽しめる作品となっている。やっぱりロックンロールやらせたら夜ストに敵うバンドは古今東西いる訳が無い、ということを改めて認識させてくれる痛快な作品となっております。Oi-Skallmatesのホーンセクション3人(Yoshio、Shintaro、Hiroshi Brown)、JUNIORのGo!(Tin Whistle)とKATZE(アコーディオン)という豪華ゲスト陣が夜ストサウンドにカラフルな要素も加え、より深みの増した円熟のサウンドを聴かせてくれる。やっぱりロックンロールはケツの青いガキにはできない。夜ストのような百戦錬磨の連中にしかできない芸当であります。1曲目のタイトル曲ではリトルリチャードやウィルコジョンソンといったレジェンドへのリスペクトを込めてロックンロールの魔法を歌い、アコーディオンをフィーチャーしたアイリッシュ風味がひたすら泣かせるラストの「I LOVE ROCK’N’ROLL」まで全12曲、ウィスキーのボトルを握りしめ、灰皿は吸殻大盛りで、氷も入れず、水割りなんてもっての他、グイグイ飲み干しながらひたすらリピートすべし!夜ストこそ腐った世の中で必要とされるべき数少ない連中である。それだけは間違い無い。

  • 「ホームタウンボーイ												」

2012/8/8 (wed) release

7th Album

ホームタウンボーイ

    • CD

    RCSP-0032

    定価¥2,420(税抜定価¥2,200)

<収録曲>
01. そばにいて
※TVKテレビ「Mutoma」8月オープニング・エンディングテーマ02. ソウルバーニンラブ
03. テレサ
04. お前をはなさない
05. オー レイン
06. 新しい町
07. あなたとシャララ
08. ブギウギカントリーボーイ
※テレビ朝日系「ワールドプロレスリング」クールファイティングミュージック(エンディングテーマ)09. グッドラックと言おう
10. レッツツイストアゲイン
11. ホームタウンボーイ
12. 砂浜
13. 小さな恋人

press release

夜スト イズ BACK!
夜のストレンジャーズの約2年半振りのNEW ALBUMが到着!昨年新ベーシスト、マキ子が加入し、新生夜のストレンジャーズとして活動を再開し、満を持してのNEW ALBUMのリリース。よりストレートに、よりソウルフルに、進化した夜ストの魅力が200%詰まった傑作。変わってしまった世界に生きる人々の物語を夜ストは歌う。絵空事は決して歌わず、リアルな言葉で現実を歌う。そんな連中は夜ストしかいない。新加入のマキ子のコーラス及びボーカルも随所にフィーチャーされ、夜ストのメロディの素晴らしさをかなり引き立てている。ルーツミュージックをベースにしながら、楽曲によって多彩な音楽性をみせ、なおかつこれぞ「夜スト節」というオリジナリティを見せる正しくワン&オンリーなバンド、夜ストの新たなる金字塔が生まれた。

今作は従来の夜ストよりもシンプルかつストレートな歌詞の世界観で構成されており、それが聴いている者の心をグッと鷲掴みにされるような感覚を覚える。こんな時代だからこそ、夜ストの歌はグッと来る。M-1「そばにいて」は究極のラヴソングと言えるシンプルかつストレートな愛の叫びが秀逸。M-3「テレサ」は正に珠玉のソウルバラード、M-5「オー レイン」の切なくも儚い世界観は涙無しには聴けない。どの曲も全て捨て曲無し。そして何よりも11曲目「ホームタウンボーイ」のメッセージ性と夜ストならではの1本の映画を1曲に封じ込めたようなストーリー性はトンデモないクオリティの高さであります。発電所で仕事する男と家庭の生活を物語風に描く世界観に何も感じない人は誰もいないであろう。それほどの名曲であります。変わってしまった世界だからこそ、夜のストレンジャーズは間違いなく必要とされる数少ないバンドであります。それを証明した傑作アルバム。

  • 「On The Road Again												」

2009/12/9 (wed) release

6th Album

On The Road Again

    • CD

    RCSP-0018

    定価¥2,420(税抜定価¥2,200)

<収録曲>
01. ヤング&ヒッピー
※TVKテレビ「Mutoma」12月度オープニング&エンディングテーマ02. ソウルフリーター
03. サムクックで踊ろう
04. ジェリーリー
05. 夏の恋人
06. ガールフレンド
07. ブラインドミウラ イズ バック
08. Whiskey Headed Man
09. I FUZZ YOU
10. ファクトリーガール
11. Down On The Road
12. 最終バス
13. ホーボーズララバイ

press release

労働者階級の英雄、夜のストレンジャーズが約1年振りに6枚目のNEWアルバムをリリース!
欧米並みの格差社会が到来して久しいニッポンですが、生活苦に苦しむ友よ、俺達には夜ストがいる!権力に胡坐をかく輩や、人の税金で飯を食う輩は勝手にさせて置けば良い。日本で数少ないワーク・ソングを歌える秀逸な存在、夜ストの歌を聴けば良い。
今作もルーツミュージックに根差した夜スト節による珠玉の短編物語全13曲。生活感のないヒットソングばかりの世の中に確実に風穴を空ける、渾身の力作!
忌野清志郎氏亡き後は、夜ストしかいない!

前作「トラブルボーイズ」リリース時期にVoの三浦はある雑誌にアルバムに関してこのようなコメントを書いている。

「どの曲も当たり前ですが自分の為だけに創っています。中学生がターゲットの商売作家じゃないですから。俺のターゲットは俺の魂です。日々の生活は煩わしい事の繰り返しで、ガス腹みたいな気分になります。」

日本全国津々浦々、来る日も来る日もライヴという名の旅路を続ける夜のストレンジャーズ。生活というのもは元来苦しいもので、その苦しさの中に微かな希望があることを我々に教えてくれる。そんなリアリティのあるバンドは残念ながら日本にはいない。どいつもこいつも別世界で起こっている絵空事ばかりがヒットソングでは歌われている。「生活が大変だから歌くらい楽しいほうがいいじゃん」という方もいらっしゃるでしょう。それは間違ってない。音楽は自由に受け止めるものだ。しかしながら、ニッポン国には残念ながらあまりにも生活とリアルな距離感を持っている楽曲やアーティストが少ない。サウンドに関しては欧米と遜色のないクオリティになってきているにも関わらず。ニッポンも幸か不幸かいつの間にか階級社会になった。ブルーカラー(フリーター)は夜ストを聴けば、何とか明日も仕事(バイト)できる希望を持てるようになる。そんな凄い作品がこの「On The Road Again」 です。

70年代のブルーカラーのアメリカ人にとってブルース・スプリングスティーンの「BORN TO RUN」がそうであったように、2009年のブルーカラーの日本人にとって、この「On The Road Again」が毎日自分のCDプレイヤーに入っている名盤になるはずです。

レコーディングは ゆらゆら帝国等を手掛けるピースミュージック中村氏が担当。

  • 「トラブルボーイズ												」

2008/10/8 (wed) release

5th Album

トラブルボーイズ

    • CD

    RCSP-0008

    定価¥2,420(税抜定価¥2,200)

<収録曲>
01. トラブルボーイズ
02. 連れていってよ
03. 水晶の夜
04. VIBRATE LOVE
05. バスタブブルース
06. TWIST FOR DROP OUT
07. 木曜日ならベイビー
08. WALKIN’ BY MYSELF
09. お前の愛に入れてくれ
10. RED RIPE TOMATOES
11. 泥の川
12. おやすみ恋人よ
13. B.M.R.B(ブラインドミウラストレンジャー’s リズム&ブルース)

press release

今や日本一の酔いどれブギ大臣にして異邦人の如く果てのない旅路を続けるさすらいの吟遊詩人、ミウラ率いる夜のストレンジャーズ(通称 夜スト)が1年10ヶ月振りに待望のNEWアルバムをリリース!怒髪天の増子氏も絶賛した前作「SOUL ON FIRE」 を遙かに凌ぐクオリティ!ブギ、スィング、ロカビリー、ソウル、ブルースといったルーツミュージックをベースにしたセンチメンタルかつウィットに富んだ独特の「夜スト・ワールド」に磨きがかかり、ある種の臨界点まで到達した金字塔的傑作!トラブルボーイ達が不器用なルーザーの為に捧げる珠玉の短編物語全13曲。

前作「SOUL ON FIRE」リリース後(タワーレコード新宿店インディーズチャート初登場4位、タワーレコード渋谷店インディーズチャート初登場10位等好セールスを記録)、レコ発ワンマン(新宿レッドクロス)はSOLD OUTとなり、難波ロックライダー、名古屋OYSワンマンもSOLD OUT!街から街へと来る日も来る日も全国各地でライヴという名のブギ巡業を永遠の如くやり続け、今年の6月には近藤芳正演出の劇団ダンダンブエノの公演「ハイ!ミラクルズ」(南野陽子、近藤芳正等出演、青山円形劇場他全国公演)において、カーテンコールで「SOUL ON FIRE」収録の名曲「ギブソン」が使用されるな ど、活動の幅を広げていき、自らのレーベル、MOVE ON OUT RECORDSを新たに立ち上げての新譜リリースです。ロックンロールに対する夜スト流オマージュのタイトル曲、ハードボイルドで無国籍情緒の「水晶の夜」、夜スト十八番の酔いどれブギ「バスタブブルーズ」、映画「ダウン バイ ロー」か、もしくは「地獄の黙示録」の如く終末感漂う旅路を描いた「泥の川」、センチメンタルなワルツ「おやすみ恋人よ」は哀愁の夜スト流の救済ソング、と全13曲、「これぞ夜スト!」というべき世界観に包まれております。トリオ編成ながらルーツミュージックをバラエティ豊かに聴かせる音楽的センスも夜ストにしか出来ない芸当でしょう。夜のストレンジャーズの新たな旅路が始まった。

  • 「SOUL ON FIRE												」

2007/1/10 (wed) release

4th Album

SOUL ON FIRE

    • CD

    DKRC-0057

    定価¥2,420(税抜定価¥2,200)

<収録曲>
01. (I Set My) Soul On Fire
02. Gimme Gimme
03. プライベートな話をしよう
04. ホテルカスバに留まって
05. ナイトクラブ
06. この熱き愛
07. Going Back Home
08. 200km Baby
09. Real Low Down Dirty Dog Blues
10. Rhythm & Blues Slim
11. I Woke Up Crying
12. ギブソン
13. ブラインドミウラストレンジャー’s ブギ

press release

ジャズ、リズム&ブルース、ブギ、ソウル・ミュージック、ロッカビリー、パブロックなどの影響を感じさせる唯一無二で圧倒的なロックンロール!

ジャズ、リズム&ブルース、ブギ、ソウル・ミュージック、ロッカビリー、パブロックなどの影響を感じさせる唯一無二で圧倒的なロックンロールと、まるで絵の無いロードムービーのような、センチメンタルで胸を締め付ける「歌」。普遍的な夜スト節健在!時代がどんなに変わろうと、人の心に伝わる誠心誠意なソウルは健在なのです!「自分で自分の心に火をつける!」今回のアルバムも、そんな夜ストの心意気がにじみ出た最高傑作であることは間違いなし!怒髪天の増子氏をはじめ、ミュージシャンの間でも夜スト・マニアは急増中!

<コメント>
「グダグタでダメダメな泥酔男だけが知り得る極上のメロディ ー…こいつは焼酎やウイスキーよりもキツくて甘いんだよなぁ…」
増子直純 / 怒髪天(by the Courtesy of Imperial Records/TEICHIKU ENTERTAINMENT,INC)

「夜ストの放浪(旅)は続いていくのね。ブルースを背負って少し強くなった君、俺、夜ストがここにいる。ときにロックになりときにメロウになり…この三人でしか出せないブルースがあるが、それを少しでも共感できたら俺達君達も旅人だ。このアルバムを聴いて旅に出ようぜ、部屋でじっとしてる場合じゃない!!」
パッチ / RADIO CAROLINE、VIOLETS

「彼らのロックンロールはペシミティックなものではなく、やるせないまでの人生への肯定が叙情的なリアリズムとなって迫ってくる。自分の言葉でしっかり歌い、創造的な音楽をやる…そんなごくあたりまえのバンドが少なくなった現代において「夜のストレンジャーズ」とは地に足の着いた貴重な才能なのである。」
サミー前田 / DJ

「夜をさまよう放浪者 彼らがさまよう目的は「夜明け」を探す事じゃない ただただ夜に現れて 飲んで歌って騒ぐだけ「夜明けは近い」とうそぶいて 今日また夜をさまよって 伊達じゃないのさ こりゃ病気ロッキン・ブギー中毒さイカれたナンバーひっさげて 時々泣かせたりもして 気づけば夜明けがやって来る 誰のもとにもやってくる 酔いどれ達がアンタを救う アンタのソウルに火をつける きたぜ夜スト『SOUL ON FIRE』!」
コヤマシュウ / スクービードゥー

「そんなに浮き彫りにしないでくれ!男の哀愁セレナーデ(涙)」
松木泰二郎 / スクービードゥー

「暇な昼間、とりあえずビールと夜スト。ビールおかわり、夜はゲロ酔いで夜スト。朝からは無理です夜スト。」
ワタル・バスター / Oi-SKALL MATES。

  • 「Still Crazy												」

2005/3/9 (wed) release

3rd Album

Still Crazy

    • CD

    DDCH-2001

    定価¥2,420(税抜定価¥2,200)

<収録曲>
01. Rollin’ Stone
02. 夜汽車のシャララ
03. Resque Me
04. Super Soul
05. Lady Bird
06. ブラインドミウラストレンジャー’s ブルース
07. 道化の華
08. Who’s Been Sleeping In My Bed?
09. Killer Bee
10. Still Crazy
11. Sister Basement
12. Memphis Minnie
13. Last Mexican Rose
14. Drunk Or Die

press release

2003年10月、感動の名盤「Beautiful Life」で全国一斉、感涙のブギ改革!そして、すべての不器用なルーザー達に捧げる、3rd full Album「Still Crazy」

ブルース、ブギ、ソウル・ミュージックなどの黒人音楽、ロッカビリー、R&Rなどの白人音楽をベースに、時にはハードボイルド、時にはユーモラス、時にはロマンチックにせまる、独特のワビサビが効いた日本語詩。思わずステップを踏んでしまいたくなる様なダンス・ナンバーから、センチメンタルで胸を締め付ける「歌」まで、どこから聴いても「夜スト」の魅力を十二分に感じ取れるアルバムである。全14曲32分38秒の映像の無い架空ロード・ムービーは、誰の心にも自然に入り込んで、まるで歌の登場人物が実在するかのように、頭の中で「メンフィス・ミニ?」と暮らしたり、「レディー・バード」の歌声に魅入られたり、「シスター・ベイスメント」に恋焦がれる。YES!誰もがこのアルバムに触れている32分38秒間は、見たことも行った事も無い、無国籍な街を旅しているストレンジャーになれるんだ!嘘だと思うんなら、このアルバムをCDデッキに放り込んでスタートボタンを押してみるとイイ。キット、夢中になるよ!そして、忘れかけてた旧い仲間の顔も思い出せるハズさ。 そんな仲間との再会を夢見て、このアルバムをリピートすれば、憂鬱な月曜日や退屈な日常もちょっとはマシなモンになるだろう。

<コメント>
なんか「夜スト」ってさビートニクよりやさしくて、アル中よりかはコミカルだよね。でもブコウスキーぐらいシリアスだよ。
勝手にしやがれ 武藤昭平

Hey!Boys & Girls! ロックが済んだらお次はロールだ!
お手本はもちろん夜ストだ!
スクービードゥー コヤマシュウ

Loading...